元祖FF7からリメイクされるにあたり、主な変更点をご紹介します。

バトルシステム

元祖FF7から23年の時を経てリメイクを果たしたFF7リメイク版は、PS4にて現状再生可能な最高クラスの美麗なビジュアルが採用されています。しかし、見た目だけが新しくなったわけではありません。まず、ゲームシステムそのものが大きく変化を遂げました。

 

これまでの元祖FF7といえば、FFシリーズに代表される"アクティブタイムバトルシステム(ATB)"が採用されていましたが、最新作であるFF7リメイク版ではATBに更にアクション要素が追加されることで「アクションRPG」へと生まれ変わりました!

 

FF7リメイク版のバトルシーン

 

また元祖FF7においては、RPGとしての移動パートと戦闘パートのインターフェースが切り替わる"セパレートタイプ"が用いられていましたが、アクション要素を取り入れた結果、全て地続きとなっている「シームレスタイプ」のバトルが実現されています!

 

クラシックモード

通常はアクションモードで戦うことが優先されますが「クラシックモード」という機能を活用すればアクション部分はCPUが自動で行い、プレイヤーはコマンドの入力に思考を集中させることが出来ます。これはアクションが苦手で避けていたFFプレイヤーも気兼ねなく新作に手を伸ばすことが出来るオススメの機能です!

 

ストーリーに関する変更点

FF7リメイク版の新要素として、列車墓場での新規ストーリー追加が発表されています。何を隠そう、FF7のストーリー面でのリメイクを最大の醍醐味と捉えるファンは非常に多く存在するのです。本編の内容について変更点の多くは未だ語られていませんが、その一部を抜粋してご紹介いたします!

 

会話の選択肢を豊富に

リメイク決定の結果、大幅にストーリーのボリュームが変更されることに伴い「会話の選択肢」が元祖FF7に比べて豊富になるとされています。その結果、リメイク版は一本で完結する作品に留まらず複数作になると公言されており、今回発売するFF7リメイク版はシリーズの第1弾になるとされています!

 

蜜蜂の館がリニューアル?

元祖FF7のにおいて、熱烈なファンが誕生した「蜜蜂の館」はFF7リメイク版にも登場が決定しています。蜜蜂の館といえば、クラウドの女装イベントとして見ごたえがあるのはもちろんのこと、PS4をフル活用した美麗なビジュアルで再現されるイベントは要チェックです!

 

変更点は誰にでも楽しめるものに

FF7がリメイクされるにあたり、現時点で戦闘システム面とストーリー面のどちらも大幅な変更が加えられることがわかっています。なかでもストーリーは、原作のミッドガル脱出までを制作する段階ですでにブルーレイディスク2枚に上るとされ、情熱が如実に現れています。

 

初めて作品に触れる人はもちろん、過去作からリメイクに対して不安を抱えるプレイヤーでも十分に楽しめるほど、奥行きが深いストーリーを持った作品となるのではないでしょうか。

 

キャラクターの美麗ビジュアルはこちらからチェック!